ツバメヤロク

バーチャルブロガーがメタバース・ソーシャルVR(VRChat、Cluster)の日常をつづるブログ

【VR日記】「Qじゃぱん横丁」初詣に行ってみました。

 

こんにちは!バーチャルブロガーの燕谷古雅(つばめや こが)です!

Quest単体でも行ける、電脳世界の下町である「Qじゃぱん横丁」に来ました。

「Qじゃぱん横丁」とは、名前の通り、多くの日本人ユーザーが集まる溜まり場。夜になるとパブリックのインスタンスで人が何人か集まり、遊んだり、雑談したり、お酒を飲んで楽しんだりなど。日本語者で話せる人の交流スポットとなっています。

今回はこの町にある神社で初詣に行ってきます。

 

 

最近の「Qじゃぱん横丁」は大きく変わったな。喫煙所とか見慣れないものがあったり、コンビニがあっちに移転したり。

秋頃に開店したモスバーガーもそうだろうし、この下町という箱庭のようなワールドは発展し続けているんだろう。

「Qじゃぱん横丁」というバーチャル下町は「住めば都」だな。

 

 

着いた。Qじゃぱん横丁の近くにある神社だ。わりとごちんまりとしている。

さて、お参りしよう。

 

 

ちゃりん(おさいせんの音)。

・・・ええと、神社のお参りの基本は「二礼、二拍、一礼」。

今年も良いご縁がありますように。

 

 

この大掛かりな仕掛けはおみくじ。右にあるおみくじの棒をふると、木のタンスからランダムに光出し、そこに触れるとおみくじが出せる。読み終わったおみくじは隣に結ぶ事ができるんだ。

 

 

引いてきたおみくじの内容は「大吉」だ。左半分はごく普通のおみくじで書かれているものと同じ内容。右半分はUnityやBlender、お砂糖などVRで必要な部分も書かれている。

へぇ、海のワールドか・・・

 

 

・・・いかん、違う違う。港のワールドだ。

 

関連記事はこちら

tsuba-roku.com

 

 

こういうワールドだな。これは夏らしい場所だな。

※Qじゃぱん横丁の作者が作成したワールドである、「Qじゃぱんビーチ」

 

vrchat.com

 

 

このワールドの外は寒いな・・・。雪がちらついてきた。

ああ、手がかじかむ。近くにコンビニがあるし、暖かいコーヒー買っていこう。

 

Qじゃぱん横丁。

スタンドアロンからのぞく小さな街並み。PCとQuestユーザーがお互いに交流を楽しむ溜まり場。

小さな町の中にある神社でお詣りした後は寒く感じた。

 

ワールド情報

【JP】Qじゃぱん横丁【日本語Tutorial】(Quest対応)

vrchat.com

日本語話者のユーザーが集まる集会所ワールド。喫煙所やいろんな飲食店、神社、コンビニなど場所が豊富。パブリックで行ってみるのもおすすめだ。